スポンサーリンク

ヨガ指導者が解剖学を知らないといけない理由

 

ヨガ指導者の方の指導する前の仕事は様々です。
OL、モデル、ダンサー、専業主婦、営業職など指導者によって様々な経歴を歩んでいます。

 

ある程度経験を積んだ指導者は大丈夫だと思うのですがまだ経験が少ない指導者は多くの不安を抱えていると思います。
そのひとつが

 

資格養成講座で解剖学を学んだけどまだいまいち理解できていない・・・

 

理学療法士や鍼灸師、柔道整復師、フィットネストレーナーなど医療業界やフィットネス業界で働いていた人は学校で学んできたので問題ないと思います。
前述したような方は今まで学んできていない事なので多くの人が苦労したのではないでしょうか。

 

しかも、養成講座の指導者自体の解剖学知識が正直イマイチということも残念ながらあります。
このカテゴリーではヨガを指導する上で知っておくべき解剖学を紹介したいと思います。

 

 

ヨガ指導者が解剖学を知らないといけない理由は2つ

 

指導者が解剖学を知らない理由は主に2つです。

 

・効果的にアーサナの修正を行うため

 

・参加者に身体を傷つけないよう安全に指導するため

 

この2つが疎かになってしまうとただなんとなくヨガをしてもらい、なおかつ危険なレッスンになってしまいます。
このようなレッスンにならないためにも解剖学の知識は必要なのです。
ではひとつずつ解説します。

 

効果的に修正すると身体が喜びに満ち溢れる

 

指導者の皆さんはレッスン中に参加者のアーサナを修正することがあると思います。
それは参加者がそのアーサナをよりフィットさせること雑念を取り除き、効果的にするためです。

 

この時に解剖学の知識があればどうでしょうか?

 

例えば、長座前屈のポーズ(パシュチモターナ・アーサナ)を指導するとします。
目の前に背中が丸まって窮屈そうにしている参加者がいたらどのように修正するでしょうか。

 

長座前屈は脊柱からではなく股関節から動かす事が共通認識だと思うのですが、身体が固い人はうまくできません。
この時、解剖学を十分に理解していない指導者だったら無理やり背中を押して前屈を深めてしまうかもしれません。

 

しかし、解剖学を理解している指導者はどうするでしょうか。

 

よくあるケースとしてハムストリングスの伸張性の低下が見られ、長座した時に骨盤が後傾位になり前屈で股関節の屈曲が制限されるケースです。
解剖学を理解できている人はハムストリングスが膝の伸展位でハムストリングスが伸長されることを知っていますので膝を少し曲げてハムストリングスを緩めるように指示します。

 

もしくは股関節を屈曲位でもハムストリングスが伸長されるので座面にタオルなど置いて股関節の屈曲角度を浅くして前屈するように指示するかもしれません。

 

このように適切に修正できた身体は全身で心地よさを感じることができるのです。

 

 

適切でない修正は逆に参加者の身体を傷つける

 

参加者を傷つけてしまう事は絶対にあってはなりません。
しかし、整形外科で勤務していますとヨガをして身体のどこかを痛めて来院される方はいます。

 

どのような理由でなったかは様々ですが解剖学の知識があれば防げていたかもしれません。

 

では先程の例えと同じで長座前屈を指導したとします。
無理やり背中を押して前屈を促した場合、身体はどうなるでしょうか。

 

ハムストリングスが無理やり伸長されることで筋肉を痛めるかもしれません。もしくは、骨盤の前傾が制限されているため腰椎を過剰に動かして急性腰痛になるかもしれません
。ヘルニアの既往がある人だったらなおさら危険です。

 

これを解剖学を理解した上で前述の修正をすると参加者の身体を傷つけるリスクは減ってきます。

 

あくまでもこれはほんの一部ですが、解剖学を理解できていたら対応力が変わってきます。

 

今回はここで終わりたいと思います。解剖学の詳細については他のカテゴリーで随時追記していく予定です。

 

 

ヨガ指導者として解剖学は必ず学ばないといけない学問です!