スポンサーリンク

ムーラバンダで働く骨盤底筋群の機能

 

 

ムーラバンダは骨盤底を締めるバンダです。
この時に働くのが骨盤底筋群です。

 

骨盤底筋群はその名の通り、骨盤の底に存在している複数の筋肉の総称です。

 

その構造は表層と深層に分かれています。

 

表層

球海綿体筋、坐骨海綿体筋、浅会陰横筋
外肛門括約筋、内尿道括約筋、深会陰横筋

 

 

深層

恥骨尾骨筋、腸骨尾骨筋、坐骨尾骨筋
尾骨筋

 

に分類されています。
他の筋群とは違い、それぞれの筋肉が単独で収縮することはなく各筋肉が協調して働きます。
なのでそれぞれの筋肉名を無理に覚える必要は無く、「骨盤底筋群」という総称を覚えるだけで良いでしょう。

 

骨盤底筋群は恥骨、尾骨、坐骨、仙骨にそれぞれ付着しており収縮すると骨盤底全体が頭方向に向かって持ち上がります。
近年では骨盤底筋群のみでの収縮はせずに、腹筋群と収縮することにより骨盤底筋群が活性化されると言われています。
なので、ムーラバンダだけでなくウディーヤーナバンダと合わせて行うのが良いでしょう。

 

 

骨盤底筋群の機能

 

・排泄のコントロール
・骨盤内の内臓の支持
・体幹の安定化

 

骨盤底筋群はヨガのティーチングでもあるように骨盤を下から支えることを役割にしています。
骨盤底筋群が機能不全を起こすとまず尿失禁を起こす可能性があります。

 

尿失禁というのは産後の女性や高齢者の女性に起こりやすい現象です。
原因としては骨盤底筋群の機能不全により腹圧の低下です。

 

例えば、咳をした時に腹圧が高まるのですが、この時に骨盤底筋群が働き尿失禁を防ぎます。
しかし、骨盤底筋群が機能低下していると骨盤底方向にかかった腹圧をコントロールすることができず尿失禁が生じていまいます。

 

また、骨盤底筋群は骨盤内の内臓を下から支持する役割があります。
これが支持できていないと内臓が下方へ押し下げてしまい膀胱を刺激して尿失禁が生じます。

 

なので産後の女性や高齢者の女性にはムーラバンダは有用なのです。

 

次に体幹の安定化についてです。

 

骨盤底筋群は拮抗する横隔膜と協調して働きます。
横隔膜と協調して働くタイミングは呼吸です。

 

吸気時には横隔膜が下方に下がり、骨盤底筋群は遠心性収縮をしながら下方に下がります。
胸郭は膨らみます。

 

呼気時には横隔膜が上方に上がり、骨盤底筋群は求心性収縮をしながら上方に上がります。
胸郭はしぼみます。

 

このように横隔膜と協調することで腹圧のコントロールを行います。
腹横筋と同様に動作を行う際に先行して骨盤庭筋群が収縮することで動作を安定させるのです。

 

特に骨盤底筋群は遅筋繊維が約70%と言われています。
なので持続的に良姿勢を保つには普段から収縮する練習を行い、無意識化でも骨盤底筋群が収縮して動作を安定させる必要があります。

 

臨床現場において機能不全を起こした骨盤底筋群のエクササイズのやり方があります。

 

まず臥位になり両坐骨を中心に引き寄せ、骨盤底を吸い上げるように指示します。
骨盤底筋群の収縮が行えるようになったら座位になります。

 

同じように坐骨を中心に引き寄せて骨盤から頭頂部までの軸を上下に伸ばすようなします。
この時に骨盤底筋群の収縮が弱くならないように注意するのがポイントです。

 

この方法ってムーラバンダと似ていますよね?

 

また、プラーナが下に抜けないようにムーラバンダを行い、プラーナが上に突き抜けていくイメージで座ります。という口頭支持を出す指導者の人もいると思います。

 

これらの支持は理論的にも非常に有用なのです。

 

今回は骨盤底筋群の機能について解説しました。
指導者の人は骨盤底筋群の機能を意識するとより良い指導ができるようになるはずです。

 

 

骨盤底筋群は医療現場でもヨガをする時も重要になります!