上腕二頭筋のヨガ理論解剖学

 

 

上腕二頭筋の基礎知識

 

起始

 

上腕二頭筋長頭
・肩甲骨関節上結節、上方関節唇

 

上腕二頭筋短頭
・烏口突起

 

停止

 

上腕二頭筋長頭、短頭
・橈骨粗面、前腕屈筋筋膜

 

作用

 

・肩関節屈曲、90°外転位では水平屈曲
・肘関節屈曲
・前腕回外

 

上腕二頭筋が収縮するアーサナ

 

ねじった体側を伸ばすポーズ〜パリヴリッタ・パールシュバ・コーナアーサナ〜

 

・鷲のポーズ〜ガルダーアーサナ〜

 

・花輪のポーズ

 

上腕二頭筋がストレッチされるアーサナ

 

橋のポーズ〜セートゥ・バンダ・アーサナ〜

 

・弓のポーズ〜ダヌラ・アーサナ〜

 

・東のストレッチ

 

 

上腕二頭筋の解説

 

上腕二頭筋はいわゆる「力こぶ」の部分の筋肉です。
一般の方でも一度は聞いたことがある有名な筋肉の一種だと思います。

 

働きとしては肩を上げたり、肘を曲げたり、手のひらを上に向ける動作である前腕を回外する動きです。

 

なので物を持ったり、引き寄せる動作で上腕二頭筋は活躍します。
上半身で力を使う時に働くので弱化すると重たい物を持つのに苦労してしまいます。

 

肘を伸ばす働きの上腕三頭筋は拮抗筋になります。

 

ヨガでは合掌して手のひらを胸に近づけるようなアーサナで上腕二頭筋が収縮します。
(ただし、手のひらを互いに押し合うと大胸筋が強く働きます。)
でも注意して欲しいのがこのアーサナしたからといって上腕二頭筋の筋肥大(筋肉が大きくなること)は起きません。

 

もし上腕二頭筋を大きくしたい人はダンベルを持ってアームカールをしましょう。

 

上腕二頭筋のストレッチされる動作は作用とは真逆に動かすことです。
つまり、腕を後ろに引き、肘を伸ばす動作になります。

 

なので橋のポーズや東のストレッチのようなアーサナが上腕二頭筋のストレッチ効果があるアーサナになります。

 

わたくしの考えでは上腕二頭筋はヨガで意識する時は収縮するアーサナよりストレッチされるアーサナだと思います。

 

理由は2つあります。

 

まずはヨガのアーサナでは上腕二頭筋を強く収縮させるような負荷をかけることが難しいからです。
先程も書いたようにもし上腕二頭筋の筋肥大を起こしたいのであればヨガでは少々難がありますのでダンベルを用いたウエートトレーニングのほうが良いからです。

 

2つ目は、上腕二頭筋は日常生活で使うことが多いため筋肉の伸長性が悪くなっていることが多いからです。
実際、上腕二頭筋に関連した障害は多いです(上腕二頭筋長頭腱炎、肩上方関節唇損傷、上腕二頭筋長頭腱脱臼など)

 

そのため、上腕二頭筋を収縮させるよりは伸長させることが大事だからです。
ヨガ指導の時も上腕二頭筋がストレッチするアーサナの時は、筋肉が伸びている事を感じてもらえるような声かけを心がけています。
みなさんも心がけて声かけをしてみてくださいね。

 

 

今回は上腕二頭筋の解説をしました。筋肉は奥が深い!