下腿三頭筋のヨガ理論解剖学

 

 

下腿三頭筋の基礎知識

 

起始

 

腓腹筋内側頭

 

・大腿骨内側上顆

 

大腿骨外側頭

 

・大腿骨外側上顆

 

ヒラメ筋

 

・腓骨頭から腓骨後面ならびに脛骨ヒラメ筋線

 

停止

 

腓腹筋、ヒラメ筋

 

・踵骨隆起

 

作用

 

・足関節底屈
・腓腹筋のみ膝関節屈曲

 

下腿三頭筋が収縮するアーサナ

 

・板のポーズ

 

・舟のポーズ

 

下腿三頭筋がストレッチされるアーサナ

 

うつむいた犬のポーズ〜アド・ムカ・シュバーナ・アーサナ〜

 

長座前屈のポーズ〜パシュチモターナ・アーサナ〜

 

深い前屈のポーズ〜ウッターナ・アーサナ〜etc

 

 

下腿三頭筋の解説

 

下腿三頭筋は腓腹筋とヒラメ筋の総称です。いわゆるふくらはぎの筋肉です。

 

この下腿三頭筋は足関節を底屈させる役割をする筋肉です。
底屈というのはつま先立ちをした時みたいに足先を遠くに伸ばすような動作のことを言います。

 

日常生活では歩行時に蹴り出す動作の時に足関節底屈することで前方へ進む力を生み出します。
もし下腿三頭筋が弱化すると効率よく歩行することが難しくなります。

 

また腓腹筋とヒラメ筋は足関節底屈という共通した役割がありますが、腓腹筋に限り膝関節屈曲という役割があります。
つまり、腓腹筋は足関節と膝関節を動かす役割があるので二関節筋ということになります。

 

下腿三頭筋は伸張性が悪くなりやすい筋肉です。
もし下腿三頭筋の伸長性が悪くなると足関節の背屈を制限します。背屈というのはつま先を上げる動作のことです。

 

極端に伸長性が悪い状態だと立位の時点で足関節を直角に保つことができないため踵荷重になってしまいます。
もし、木のポーズで支持足の踵に体重が乗りすぎてバランスが取れない参加者がいる場合はもしかしたら下腿三頭筋の伸長性が悪くなっているかもしれません。

 

このような人は膝を過剰に伸ばす反張膝になっていることが多いです。
あとは階段などの踏み込む動作の時に下腿三頭筋、特にヒラメ筋の伸張性が悪くて足関節背屈されると膝を過剰に屈曲したり、外反膝になったりして膝への負担が大きくなってしまいます。

 

なので下腿三頭筋の伸張性が悪いと膝に対するストレスが大きくなるので改善したいところですね。

 

下腿三頭筋が収縮するアーサナは舟のポーズや板のポーズになりますが、筋肥大を起こすほど鍛えることはできません。
下腿三頭筋に対するヨガでのアプローチは伸張性を改善するほうがメインでしょう。

 

下腿三頭筋がストレッチされるアーサナはうつむいた犬のポーズや長座前屈のポーズなどです。
つまり足関節を背屈するアーサナが下腿三頭筋をストレッチされるんですね。?

 

ヨガのアーサナを見てみると下腿三頭筋をストレッチされるアーサナはハムストリングスも同時にストレッチされることが多いです。
どちらも硬くなりやすい筋肉なので下腿三頭筋とハムストリングスが伸びるアーサナを取り入れたプログラムを作成してみてください

 

 

今回は下腿三頭筋の解説をしました。筋肉は奥が深い!