股関節内転筋群のヨガ理論解剖学

 

股関節内転筋群の基礎知識

 

起始

 

大内転筋

 

・恥骨下枝、坐骨枝、坐骨結節

 

長内転筋

 

・恥骨結節の下方

 

停止

 

大内転筋

 

・大腿骨粗線内側唇、内側上顆の上方の内転筋結節

 

長内転筋

 

・大腿骨粗線内側唇中1/3

 

作用

 

大内転筋

 

・股関節内転、伸展(繊維によって屈曲)

 

長内転筋

 

・股関節内転、屈曲

 

股関節内転筋群が収縮するアーサナ

 

英雄のポーズU〜ヴィーラバドラ・アーサナU〜

 

牛の面のポーズ〜ゴームカ・アーサナ〜

 

・鷲のポーズ

 

股関節内転筋群がストレッチされるアーサナ

 

三角のポーズ〜トリコーナ・アーサナ〜

 

門のポーズ〜バリガ・アーサナ〜

 

英雄のポーズU〜ヴィーラバドラ・アーサナU〜etc

 

 

 

股関節内転筋群の解説

 

股関節の内転筋は主に大内転筋と長内転筋の2つです。他の股関節内転筋を総じて「股関節内転筋群」と呼びます。
共通するメインとなる役割は名前の通り股関節内転です。股関節の内転とは下半身を閉じる動作のことですね。

 

大内転筋と長内転筋の違いがあるのは股関節矢状面上での役割です。
大内転筋は股関節伸展のに働き、長内転筋は股関節屈曲で働きます。

 

特に大内転筋は名前の通り股関節内転筋の中でとても大きな筋肉です。筋面積で言えば2番目に大きい長内転筋の倍以上はあると言われています。
その為、大内転筋を鍛えると伸展方向へのエネルギーを大きな力を発揮し、スプリント競技で活躍します。

 

また、大内転筋は大腿四頭筋の1つである内側広筋の起始部となっています。
内側広筋は弱化すると膝痛の原因にもなりますので、大内転筋をしっかり活動させ内側広筋の機能を高める必要があります。

 

臨床においては膝から下腿内側にかけて痛みがある場合、大内転筋の硬化により神経を圧迫するエントラップ(絞扼)が起きていることがあります。

 

日常生活で股関節内転筋群はイスに座って足を閉じる時や足を横に広げて踏ん張る時に働きます。
股関節内転筋群が働くアーサナは鷲のポーズや牛の面のポーズのような股関節を締める動きがあるアーサナです。
英雄のポーズAのような下半身を広げて踏み込む時にも股関節内転筋群が働きます。

 

股関節内転筋群がストレッチされるアーサナは股関節を広げる時です。
開脚前屈のポーズや門のポーズが該当しますね。
実はややこしいことに英雄のポーズAの踏み込んでない側の股関節内転筋はストレッチされています。

 

なので英雄のポーズAを左右することで股関節内転筋群の収縮、伸張を促すことができるんですね。

 

 

今回は股関節内転筋群の解説をしました。筋肉は奥が深い!