大臀筋のヨガ理論解剖学

 

大臀筋の基礎知識

 

起始

 

浅部繊維

 

・腸骨稜、上後腸骨棘、腰背筋膜、仙骨、尾骨

 

深部繊維

 

・腸骨外面で後殿筋線の後方、仙結節靭帯、中臀筋の筋腹

 

停止

 

浅部繊維

 

・腸脛靭帯

 

深部繊維

 

・大腿骨殿筋粗面

 

作用

 

・股関節伸展-外旋

 

・上方繊維は股関節外転

 

・下方繊維は股関節内転

 

大臀筋が収縮するアーサナ

 

橋のポーズ〜セートゥ・バンダ・アーサナ〜

 

イスのポーズ〜ウトカタ・アーサナ

 

英雄のポーズU〜ヴィーラバドラ・アーサナU〜

 

大臀筋がストレッチされるアーサナ

 

牛の面のポーズ〜ゴームカ・アーサナ〜

 

マリーチ・アーサナ

 

 

 

大臀筋の解説

 

大臀筋はお尻の筋肉です。
アスリートのお尻がプリプリにでかいのはこの大臀筋の筋ボリュームがあるからなんですね。

 

大臀筋は上方繊維と下方繊維に分けられ、その繊維によって働き方が変わってきます。
主な働きとしてはハムストリングスと共同して行う股関節の伸展です。併せて股関節外旋の働きがあります。

 

下半身が固定された状態で大臀筋が収縮すると骨盤は後傾します。
骨盤が後傾している姿勢の人は大臀筋もしくはハムストリングスが短縮しているかもしれません。筋肉が硬くなってないかチェックしましょう。

 

上方繊維は股関節外転の作用があり、下方繊維は股関節内転の作用があります。

 

日常生活での大臀筋の働きは歩行や立ち上がり、階段の昇り降りの下半身を使う場面です。
大臀筋自体が大きな筋肉なのでこれらの動作を行う時のエネルギー源となっています。

 

日常生活動作の1つである歩行というのは身体を前方に進める動作のことです。
歩行をバランス良くスムーズに行うためには当然ですが下半身の強さが必要です。

 

大臀筋は身体を前方に進めるための駆動源になります。
ちなみに中臀筋は身体の左右のブレが出ないように働きます。

 

つまり大臀筋は縦の動きを、中臀筋は横の動きに関わります。どちらかが弱化してしまうと歩行も不安定もなります。

 

スポーツの場面においてはダッシュやジャンプ動作をする時、投球動作での安定した下半身を生み出すなど高いパフォーマンスをするために働きます。
最初に述べたアスリートがプリプリのお尻をしているのは競技やトレーニングをする中で大臀筋が発達したからなんですね

 

その大臀筋が収縮するアーサナは下半身で力強く踏ん張るイスのポーズ、橋のポーズや股関節を広げる英雄のポーズ@などで働きます。
お相撲さんの四股は股関節を広げますが、この時大臀筋が働きます。となると四股に似ている花輪のポーズも大臀筋が働きますね。

 

大臀筋がストレッチされるアーサナは主に股関節を閉じるアーサナです。
牛の面のポーズが代表的でしょうか。
てことは蓮華座のような足を組む座は大臀筋の伸張性が必要となります。

 

集中して瞑想を行う為には大臀筋の伸張性が必要ということかもしれませんね。

 

 

 

今回は大臀筋の解説をしました。筋肉は奥が深い!