スポンサーリンク

ヨガ指導者は速読をするべき

 

いきなりですが、ヨガ指導者は速読をするべきです。

 

えっ?速読?

 

と思われる方もいるだろうなと想像できます。
でも、やってみる価値は充分にあります。

 

速読とは?

 

速読術(そくどくじゅつ、英:speed reading)とは、文章を速く読むための技術であり、時には読書法も含まれる場合もある。読書速度を向上させ、効率的に大量の書物を読破する技術である。
Wikipedia参照

 

上記のように速読もは文章を速く読むことを言います。
本を何回かパラパラーっと開いて内容を理解するシーンを見たことがあると思いますがあれですね。
ただ、あの方法は速読をマスターした人が成せる技であって当然あそこまでのレベルまでは求めていません。
今回伝えたいのはみなさんに速読がとても良いよ!ということを知ってもらいたいだけです。

 

スポンサーリンク

ヨガ指導者に速読を勧める理由

 

これの理由は至ってシンプルでヨガ指導者は文献を読むことが多いからです。
むしろ専門書を読む人は速読をしたほうが良いでしょう。

 

速読を活用することで短時間に多くの本を読むことができ、多くの知識を得ることができます。
それを参加者にアウトプットすることで参加者からの信頼は厚くなるでしょう。

 

参加者は多くの知識を持っている指導者を好みますからね
他にも理由はあります。

 

1.アーサナの時間を確保できる

 

速読をすることで今まで1時間かけて読んでいた本を30分20分と短縮することができます。
そうすると自ずと時間ができるわけです。

 

例えば、フリーのヨガ指導者の場合、スタジオからスタジオへと移動することがあります。
バスや電車を利用する指導者もいるかと思います。
その時間を利用して読書する指導者も多いのではないでしょうか。
この移動時間内で1冊読むことが出来たらかなり時間の有効活用になりますよね?

 

自宅でも読書をする指導者も当然いると思いますが移動時間内で本を1冊読めたら自宅での読書の時間をアーサナの時間に変えれます。

 

知識は増えて、アーサナで自己鍛錬に励むことができるのです。

 

2.知識が増える

 

読書スピードが上がるということは当然本を読む量自体が増えます。
短い時間で読書ができますのでちょっとした隙間時間を利用して本を読むことができます。

 

例えば、先程話した移動時間やレッスン前の少しの時間、誰かと待ち合わせしてる時間などちょっとした隙間時間です。
1冊丸々読まなくても速読で区切りの良いところを見極めて読書することが可能になりますので、時間が出来たら本を読もうという意欲が湧いてくるのです。

 

そうすれば文字に触れる機会が増えるので自ずと知識は増えてきますよね。

 

3.参加者の質問に即座に対応できる

 

これは速読で短時間で多くの本に触れることで得た知識を参加者に還元できるということです。

 

ヨガに参加される方はとても好奇心旺盛で様々な事に対して興味津々な方が多いです。

 

その為、レッスン終了後に質問される指導者の方も多いと思います。
そんな時に速読で得た大量の知識を参加者に伝えることができます。

 

質問に答えてくれたら参加者からの信頼は絶大なものになりますよね。

 

みなさんもワークショップなどで講師に質問した時にパパッと的確な返答をもらえたらその講師への信頼度が増すと思います。
それは即座に返答できる裏側に講師の知識量の多さがわかるからです。

 

それと一緒です。

 

そして、速読は一度に大量の情報を得るため頭の中で情報を処理する能力も高まります。
言葉と言葉を繋ぎ合わせ筆者が伝えたいことを理解する必要があるからです。

 

同様に質問された時も質問者がどのような意図でどのような内容の質問をしているのか即座に判断し、的確な言葉で返答することが可能になります。
即座に返答を貰えた場合、質問者のあなたへの信頼はどうなりますか?

 

もう言わなくてもわかりますよね

 

以上の3点から速読をすることはただ本を速く読むだけでなく様々なメリットがあります。
みなさんもぜひ速読に挑戦してみてください

 

スポンサーリンク