スポンサーリンク

ヨガのオススメサイト〜指導者向け〜

 

ヨガ指導者としてヨガ愛好家愛好家より深い知識を持つ必要があります。
これは当然の事であって参加者は自分より知識がある人に惹きつけられます。

 

極端な話、学校の教師が生徒より学が深くないと信頼を勝ち取ることはできません。

 

このような言い方だと不安を煽るような感じになりますが安心してください。

 

みなさんは指導者になるために養成講座を受けてきたと思います。
ヨガの概念や歴史、解剖学といった基礎知識は養成講座で十分学んでいるはずです。

 

しかし、ご自身も理解していると思いますが養成講座のみの学習ではまだまだ不十分です。
八支則の勧戒の中に『読誦』とあるようにいつまで知識を蓄えることに精進してください。

 

しかし、ここで言いたいのは基礎知識を深める事ではなく他にあります。

 

それは『最新のトレンド』です。

 

昨今、テレビ番組、雑誌、インターネットなど様々な情報媒体が存在しています。

 

そのあらゆる情報媒体を介してヨガの情報が容易に入るような時代となっていることはご周知のとおりだと思います。

 

ヨガ愛好家達はその情報媒体から知識を蓄えていきますので指導者もその情報に敏感にならないといけません。

 

例えばの話です。

 

愛好家『最近はハンモックを使ってヨガをすることが流行ってみるたいですね。私もやってみたいなぁ』

 

と話しかけられた時に

 

指導者『あっ、最近はそういうヨガもあるんですね!知らなかったなぁ』

 

と答える指導者より

 

指導者『空中ヨガのことですね。この前、テレビ番組で紹介されてましたよね。ここの地域だと〇〇ヨガスタジオさんが先行して始めたみたいですよ!』

 

と答えれた方が質問者の印象は良いですよね。

 

これはあくまでも一例ですが、愛好家は新しいトレンドに興味津々なのです。
そのためにも愛好家からの質問に限りなく答えれるように常に新しい情報には敏感でいるようにしましょう。

 

では具体的に情報を得る方法としてあげられるのが

 

@ヨガ専門雑誌の購読

 

Aヨガ情報サイトの閲覧

 

BSNSを利用して有名指導者の発信する情報を入手する

 

これらの方法で最新のトレンドを入手することは難しいことではありません。

 

@ヨガ専門雑誌の購読

 

現在、購買されているヨガ専門雑誌は主にこの2誌です。

 

yogini

 

http://www.yogini.jp/

 

yoga journal

 

https://yogajo.jp/

 

最新のウェアやワークショップや資格講座、注目のインストラクターなど詳しく載っていますのでお近くの書店で是非チェックしてみてください。

 

Aヨガ情報サイトの閲覧

 

現在、運営されてる主なヨガ情報サイトは以下のものになります。

 

yoga generation

 

https://www.yoga-gene.com/

 

yogamaga

 

http://www.yogamaga.com/

 

ヨガスタイル

 

http://www.yoga-style.com/

 

yogabovo

 

http://www.yogabovo.com/

 

Bについては@.Aから自分が気になった人のSNSを利用するようにしましょう。

 

 

 

これらの情報媒体から常に新しい情報を手に入れるように心がけてみてください。