はじめまして。当サイト(ヨガ理論指導学)の管理人です。今回、当サイトにお越しいただきありがとうございます。

 

私は、整形外科にて高齢の運動機能向上、学生のスポーツ復帰などの運動指導を中心に理学療法士、柔道整復師とともにスポーツトレーナーとしてリハビリ業務を行っています。また、リハビリ業務以外にも運動機能向上を目的とした体操教室や自由診療として一般向けにハタヨガの指導もしています。

 

野球に没頭した学生時代

 

小学生の時に友人がソフトボールをしていること知り練習に参加。そのままチーム入団しソフトボールを始める。
中学生に上がりソフトボールから軟式野球に転向。高校でも野球を続けるが利き腕の肘を痛めました。

 

肘の痛みのため思うようにボールを投げられないことに不安を感じている時に顧問に整形外科を勧めらました。その整形外科のリハビリは物理療法だけでなくリハビリスタッフが患者に対して一対一で向き合い、個人個人にあったリハビリメニューを提供していました。

 

初めて見る光景に感動した私は将来、同じような職業に就きたいと強く思いました。リハビリスタッフの熱心なリハビリの甲斐あって高校野球も三年間続けることができました。高校野球を引退した時に思ったこと。それは

 

「自分もいつかこのような形で誰かの手助けをしたい・・・」

 

高校卒業後はスポーツトレーナーの専門学校に入学します。そして同じ志を持った友人と学業に励みました。
卒業後、高校時代に通院していた整形外科に入社しました。自分が学生に時代に憧れを抱いた場所に入社ができ非常にモチベーションがあがりました。
しかし、現実は甘くありませんでした。

 

わからないことだらけの一年目

 

入社当初は学校で深くまで学ばなかった機能解剖学や運動生理学を学びことに手一杯な状態で毎日を忙しく過ごしました。
筋肉の名称、作用、骨の名称、関節の運動方向、各部位の疾患の病態など覚えることは山ほどあり自分がまだスタートラインにすら立てていないことに焦りを感じていました。

 

先輩や同期が理学療法士や柔道整復師の国家資格を持っているのに対して国家資格を持っていない自分に知識、技術が完全に劣っている自分。この時、思ったことがあります。

 

「今のままで将来やっていけるのだろうか・・・」

 

将来への希望より不安が大きかった事を今でも覚えています。
ではどうすればその不安を払拭することができるのか。考え付いた答えが将来、武器となる資格を取得するというものでした。

 

ではどのような資格を取得すればよいのか。それはわかりませんでした。
そんな中、専門学校を訪問した時に恩師にその不安を打ち明けると答えがすぐに返ってきました。

 

「ピラティスじゃないか?」

 

素っ気なく発した恩師の言葉に一本の道筋が見えました。しかし、ピラティスについて何もわからない。そういう状態からインターネットや雑誌など手探りで資格団体を調べ、リハビリに精通するピラティス団体の資格取得することを決意しました。

 

ピラティスが与えた影響

 

ピラティスの資格所得のための講習会は非常に学びが深いものでした。ひとつひとつのエクササイズの指導方法の精度が高く、そして、即効性がありました。

 

ピラティスが自分に人生に大きな影響を与えると確信し、夢中で指導法を学びました。資格取得するまでは決して楽なものではなかったですが無事ピラティスのインストラクターになることができました。

 

ピラティス資格取得後はピラティスの原理原則をもとにリハビリ指導を行い、少しずつではありますが結果が伴うようになります。
しかし、まだ将来の不安がぬぐい切れず、次なる資格取得を考えます。そこで出した自分の答えがピラティスの元となるヨガでした。

 

そうなると動くまでは早かったです。地元に世界で通用するヨガ資格「全米ヨガアライアンス」の指導者養成コースがある事を知り、すぐに養成コースを受講しました。
その講習会ではアーサナの指導方法だけでなくヨガの奥深い精神世界についても学ぶことになります。

 

資格取得までは過密スケジュールで仕事との両立は非常に厳しかったです。しかし、ヨガを学ぶこと自体は全く苦ではなく、一緒にインストラクターを目指す仲間にも恵まれ終始高いモチベーションで講習会を受けることができました。

 

ヨガがなぜ効果が高いのか理論で説明する

 

ヨガを学ぶようになってから色々な雑誌や本を読みましたが、ひとつ気になることがありました。

 

「ヨガは非常に効果が高い。しかし、その根拠を理論的に説明する人が少ない・・・」

 

例えばヨガをした後は非常にリラックスできます。では、なぜリラックスできたのでしょうか?

 

身体のゆがみが修正できたからでしょうか?全身の血流が良くなったからでしょうか?それとも自律神経系の調節ができたからでしょうか?

 

確かにリラックスする要因ではあるのですが、正直このくらいの説明は誰でもできます。インストラクターとして参加者に引き付けられるためには1歩2歩進んだ説明する必要性があります。

 

身体のゆがみを修正することで全身の筋肉の緊張が緩み余計な力が抜けたから。

 

ヨガで筋肉を伸び縮みすることにより硬化した部位が改善し血流が良くなった。

 

脊柱を中心に動かすことや呼吸をコントロールすることが自律神経系の調節の効果があるから。

 

というように1歩進んだ説明ができたら良いと思います。

 

もちろんもっと深い説明ができたら良いですし、参加者個人個人にあった説明ができたらなお良いです。

 

このサイトではヨガの精神世界を大事にしてできる範囲で理論的に説明したいと思います