スポンサーリンク

門のポーズ〜バリガ・アーサナ〜

 

 

門のポーズの概要

 

ひざまずいた姿勢から片方の足を外に大きく踏み出して身体を横に倒すアーサナになります。
身体を横に倒すことにより腰部や腹部の筋肉が伸長され柔軟性が高まります。

 

手を高く上げることで背中を広く覆う広背筋にも柔軟性を高める効果があります。
門のポーズを行っている最中に伸長している側の肋間を意識しながら呼吸することで肋間の拡張や収縮が促通されるので胸郭の可動性も高まります。

 

足を大きく広げるため股関節の内転筋群の柔軟性も高まります。

 

門のポーズを行った後は脊柱の動きが良くなり、股関節の動きが軽くなった感じがするでしょう。
また、広背筋が硬くなったことにより手が上がりにくくなっている人は同時に肩の上げやすさも感じることができます。

 

日常生活で手を上げる時(洗濯物を干したり、高い所の物を取るetc)が困難な人ややバレー、バトミントン、バスケ、野球のような手を肩より上げるオーバーハンドスポーツをしている人にはオススメのポーズになります。

 

 

門のポーズの効果

 

・股関節内転筋群のストレッチ
・身体を倒すことによる腹部、腰部のストレッチ
・広背筋の硬さによる肩の上げにくさの改善

 

門のポーズの行い方

 

@ひざまずいた姿勢から左足を外に大きく踏み出します。この時、突いてる右膝のラインに左足の踵を置くようにセッティングします。左足の小指側で地面を強く押すことで下半身の安定化を図ることが出来ます。

 

A息を吸いながら右手を頭上に向けて上げます。右の腕が右耳に当たるようにして手の平は内側を向くようにします。左手は左モモの上に置いてください。

 

B息を吐きながら身体を左側に倒していきます。身体が丸まりやすいですができるだけ真っ直ぐの状態で倒すようにしましょう。

 

C倒したままでキープします。息を吸って右の脇腹に空気を送り込んで右の肋骨を膨らます。息を吐きながら左足で強く地面を押してその反動で身体をより右側に倒していきます。2?3回呼吸を繰り返します。

 

D息を吸いながらゆっくり身体を起こし、上げている右手を降ろします。

 

E反対も同様に行います

 

 

身体の側面を伸ばすことって普段あまりないですよね!門のポーズで身体の側面を伸ばしましょう!