スポンサーリンク

立位の脇ストレッチ〜パールシュヴァ・コーナ・アーサナ〜

 

 

立位の脇ストレッチの概要

 

立位の脇ストレッチは身体の側面を強く伸ばすアーサナです。
足で力強く地面を押してその反動を利用して手を対角線上に上げていくことで身体の側面を伸ばすことができます。

 

側面を伸ばしていない股関節も肘を使って押すことで股関節を広げる可動域を向上してくれます。

 

身体の側面は普段の生活の中で伸ばすことが少ないため硬くなりやすい場所です。
特に骨盤から胸郭の間は硬くなってしまうと効率よく呼吸が行えなかったり、腰痛を引き起こす原因にもなってしまいます。

 

対角線を伸ばすポーズではこの硬くなりやすい身体の側面を伸ばします。
なのでアーサナを行なったあとは硬くなった部位に柔軟性が生まれ身体が動かしやすくなるのを実感できるはずです。
もちろん呼吸もしやすくなり、腰痛がある人は症状の軽減が期待できるはすです。

 

このアーサナは足を大きく広げますので多くのシークエンスに取り入れられています。
特に同様に足を大きく広げるのが特徴の英雄のポーズからの展開がしやすいです。
そして、対角線を伸ばすポーズからの次への展開もしやすいです。

 

例えば、半月のポーズに展開したり、トカゲのポーズに展開したりです。
様々なバリエーションでできるはずです。

 

組み込みやすいので太陽礼拝の中でオリジナルのシークエンスをする時に入れてみてはいかがでしょうか。
立位の脇ストレッチを入れることでやりがいのあるシークエンスができるはずです。

 

 

立位の脇ストレッチの効果

 

・身体の側面のストレッチ
・股関節の可動域向上
・下半身の安定化

 

立位の脇ストレッチの行い方

 

@両足を1メートルほど横に広げて立ちます。左足は左側に向けて右足はやや左側に向けて立ちます。この時、両方のかかとは一直線上にあるようにしましょう。背筋はまっすぐ伸ばします。

 

A背筋を伸ばしたままで両手は骨盤に置きます。息を吐きながら左膝を曲げて左かかとの真上に来るように踏み込みます。右足は小指側で地面を力強く押して右脚をしっかり伸ばします。

 

B息を吸いながら@の姿勢に戻ります。これを数回繰り返して下半身の柔軟性を高めます。

 

C身体が慣れたら踏み込んだところでキープします。息を吸いながら右手を天井に向けて伸ばします

 

Dそのまま身体を左側に倒し、右手を左斜め上に伸ばします。左肘を少し曲げて左膝の上に置きます。ゆとりがある人は左手を床に下ろしましょう。

 

E左膝を外に広げるように踏み込み、右足は先ほどと同様に小指が地面を力強く押します。そうすることで下半身が安定してきます。そのまま呼吸を2?3回繰り返します。

 

Fポーズを解く時は右手を骨盤に戻して息を吸いながらゆっくり身体を起こします。反対も同様に行います。

 

 

硬くなりやすい身体の外側ラインを足から伸ばしてみましょう!