スポンサーリンク

穏やかな戦士のポーズ〜シャンティ・ヴィーラバドラ・アーサナ〜穏やかな戦士のポーズ〜

 

 

穏やかな戦士のポーズの概要

 

穏やかな戦士のポーズはリバースウォーリアとも呼ばれており中級者クラスでよく取り入れられるアーサナです。
下半身の形は英雄のポーズに似ており力強く踏み込み、手を天井に向けて上げることで身体の側面を伸ばすことが特徴です。

 

英雄のポーズと同じて下半身を強化することが期待できます。
それに相乗して身体の側面を伸ばすことで肋骨と肋骨の間、つまり肋間を拡張することができるのでアーサナ後は胸郭の動きが改善されます。
そうすると呼吸がスムーズになり、一回の呼吸の中で吸う時に多くの空気を取り入れ、吐く時に多くの空気を出すことができます。

 

つまり呼吸効率が上がるのです。
効率の良い呼吸はヨガの基本要素ですからぜひ穏やかな戦士のポーズをしてみてください。

 

もちろん腰痛の予防改善も期待できます。
アーサナを行なった後の脊柱、胸郭の解放感はたまらないです。

 

そして、穏やかな戦士のポーズは英雄のポーズAと下半身の形が似ていますのでヴィンヤーサスタイルのレッスンで取り入れやすいです。
太陽礼拝からオリジナルのシークエンスの中で英雄のポーズからの展開として穏やかな戦士のポーズを取り入れる指導者も多いのではないでしょうか?

 

実際に英雄のポーズAから展開してやってみてください。
英雄のポーズAで気持ちや身体を引き締めたあとに穏やかな戦士のポーズに展開すると動きの躍動感や動かすリズムにより引き締まりが高まります。

 

様々な相乗効果が期待できる穏やかな戦士のポーズにぜひ挑戦してみてください。

 

 

穏やかな戦士のポーズの効果

 

・下半身の強化
・身体の側面を伸ばすことにより腰痛の予防改善
・呼吸効率の向上

 

穏やかな戦士のポーズの行い方

 

@英雄のポーズAをします。英雄のポーズAの行い方はこちらをご覧ください
英雄のポーズU〜ヴィーラバドラ・アーサナU〜

 

A右手の平を上に向けます。

 

B息を吸いながら右手を天井に向けて上げて身体を左側に倒します。左手は左ももの上に置きます。

 

Cそのままキープして呼吸を2〜3回繰り返します。

 

D息を吐きながら上げた右手をゆっくり下ろして身体を起こします。反対も同様に行います

 

※英雄のポーズ、戦士のポーズと呼称が混在しております。すみません

 

 

本によって呼び名が違うのでどれに統一したら良いのか・・・