スポンサーリンク

ねじったイスのポーズ〜パリブリッタ・ウトカタ・アーサナ〜

 

 

ねじったイスのポーズの概要

 

ねじったイスのポーズはイスのポーズから身体の捻りを加えたアーサナです。
イスのポーズに比べ、身体を捻るためにより安定した下半身が必要になります。
なぜ下半身の強さがイスのポーズに比べ必要かというと実際にやってもらえれば体感できると思います。

 

イスのポーズから身体をどちらでも良いので捻ってみてください。
その時、膝が外側に流れていませんか?

 

流れてない人は十分に下半身の強さがあると言えるでしょう。
もし膝が外側に流れている人は下半身の強さが足りないか強さはあるけどしっかり使えていないのでしょう。

 

というのも膝が流れてしまう原因は身体を捻るという動作に対して下半身が付いて行かないように止めるということができていないからです。
このように各部位を別々に動かすことを分離させるとも言います。

 

体幹と下半身を分離して動かすことがねじったイスのポーズでは必要になるのです。
なのでイスのポーズに比べて分離するために必要な下半身の強さが求められるねじったイスのポーズは難易度があがります。

 

もちろんそもそも身体を捻るための脊柱の柔軟性、体幹の強さが必要になるためイスのポーズより難易度が高くなります。

 

難易度を下げようと思えばイスに座って行う方法もあります。
イスに座った状態で身体を前に座って倒し、そこから身体を捻る方法です。

 

これなら比較的容易にアーサナに取り組むことができるのでイスで行うシニアヨガでも取り入れることができます。

 

 

ねじったイスのポーズの効果

 

・下半身の強化
・体幹の強化、回旋可動域の向上

 

ねじったイスのポーズの行い方

 

@まずはイスのポーズを行います。イスのポーズの行い方はこちらをご覧ください
イスのポーズ〜ウトカタ・アーサナ

 

A両手を頭上で合掌し、そのまま両手を胸の前に下ろします。

 

B息を吸って坐骨から頭頂部までの身体の中心軸を伸ばして真っ直ぐにします。

 

C息を吐きながら身体を右に捻ります。身体はできるだけ前傾にして左肘を右膝の外側に引っかけます。そのままキープします。

 

D息を吸う時に身体の中心軸を真っ直ぐにして、息を吐きながら左肘で右膝を押して身体をより強く捻っていきます。呼吸は2〜3回繰り返します。

 

E息を吸いながら身体を中心に戻し、ゆっくり身体を起こします。反対も同様に行います。

 

注意点

 

・アーサナ中に膝や腰に痛みが生じる場合は無理せず中止しましょう

 

 

イスのポーズで下半身を強化できたらねじったイスのポーズにチャレンジ!