スポンサーリンク

座位の脇ストレッチ〜パールシュヴァ・ウパヴィシュタ・コーナ・アーサナ〜

 

 

座位の脇ストッレチの概要

 

このアーサナは座位で身体の側面と股関節内転筋群を同時に伸ばすアーサナです。

 

身体の側面は普段の生活の中で伸ばすことが少ないため、側面が硬くなってしまうと腰が痛くなってしまいます。
座位の脇ストレッチでは伸ばすことが少ない身体の側面を伸ばすことができ腰痛にも効果的です。

 

また、アーサナをキープしたままで伸ばしている側の胸郭を吸気時に拡張することで肋間筋のストレッチにもなります。
姿勢不良の人は胸郭をしっかり拡張して呼吸することが難しい状態になりいわゆる肩呼吸になってしまいます。
マラソンランナーが終盤疲れてくると肩で呼吸をしやすくなりますよね。

 

肩で呼吸をすると肩こりにもつながりますので胸郭を使った呼吸は非常に重要です。

 

座位の脇ストレッチで肋間筋をストレッチして呼吸のしやすい環境を作ることができますのでかんせつてきに肩こりの改善にもつながります(ちなみにか肩呼吸が原因で肩こりの場合ですよ)

 

そして、脚を広げますので股関節内転筋群のストレッチにもなります。
股関節内転筋群がストレッチされると股関節の動きが促されますので、座位の脇ストレッチのあとは脚がスムーズに動くようになります。

 

特に女性の場合は内股傾向の人が多く股関節の開きが悪くなっていることがあるので座位の脇ストレッチはオススメです。

 

 

座位の脇ストレッチの効果

 

・身体の側面と股関節内転筋群のストレッチ
・胸郭の拡張を促す

 

座位の脇ストレッチの行い方

 

@長座で座ります。左膝を曲げて外に倒します。

 

A身体を左側に開きます。右足のつま先は天井に向けるようにして右膝はしっかり伸ばします。この時、骨盤が後傾するようなら脚を広げる角度を小さくして骨盤が起きるようにしてください。

 

B背筋をしっかり伸ばしてから息を吸いながら左腕を天井に向けてしっかり伸ばします。

 

C息を吐きながら身体を右側にゆっくり倒していきます。左手を遠く遠くに伸ばすように意識すると左の脇腹が伸びていきます。身体にゆとりがある人は両手を右足のつまさきを掴んでみましょう。逆にキツイ人は右膝を少し曲げて下半身にゆとりを作りましょう。

 

Dそのまま姿勢をキープして呼吸を繰り返します。息を吸う時に左の胸郭を拡張し、息を吐きながら身体をリラックスさせながら身体を徐々に倒します。

 

E息を吸いながら身体を起こし、脚を入れ替え反対も同様に行います。

 

 

クッションや座布団を使ってお尻を高くすると脊柱が伸びて効果的にアーサナができますよ!