スポンサーリンク

チャイルドポーズ〜バーラ・アーサナ〜

 

 

チャイルドポーズの概要

 

本やサイトによってはチャイルドポーズは2種類あります。
両手を上げて行うパターンと両手を下げて体を丸めるパターンです。
ここでは画像にあるように両手を上げて行うアーサナをチャイルドポーズとして解説させていただきます。

 

チャイルドポーズは初心者でも行える簡単なアーサナです。
身体を心地良く伸ばすポーズになりますのでレッスンの終盤に取り入れたり、就寝前に行うことで心身をリラックスする方向に導いてくれます。
比較的簡単なアーサナですので呼吸にも意識がいきやすく、ゆっくり呼吸をすることが可能です

 

そして身体を丸めることにより腰背部が伸びます。
そうすると呼吸と丸める姿勢が副交感神経を優位にしてくれリラックスすることができるのです。呼吸と自律神経の関係

 

このアーサナはリハビリの現場でも活用される事が多いです。
腰背部の筋肉をストレッチしたり、やり方を工夫すれば股関節の屈曲可動域を促通することができます。
そのため腰痛の患者のホームエクササイズとして指導することがあります。

 

肩を上げるポーズにもなりますので肩周囲の筋肉のストレッチされますので肩コリにも効果的です。
そうなると股関節、腰背部、肩関節に対して効果があるので非常に万能なアーサナと
言えるでしょう。
まずは寝る前にやってリラックスしてみてはどうですか?

 

 

チャイルドポーズの効果

 

広背筋、肩周囲のストレッチ

 

・股関節屈曲の促通

 

・心身のリラックス効果

 

チャイルドポーズの行い方

 

@四つ這い姿勢になります。肘をしっかり伸ばしてお尻をかかとに乗せるように身体を折りたたみます。

 

A腰背部が伸びているのを感じながらゆっくり呼吸を行います。

 

B身体が十分に伸びたらゆっくり四つ這いに戻します。

 

注意点

 

・膝、股関節の人工関節の手術をしている人

 

 

就寝前にするとリラックスして眠れますよ!