スポンサーリンク

猫と牛のポーズ

 

 

猫と牛のポーズの概要

 

猫と牛のポーズは猫のポーズと牛のポーズを組み合わせたものになります。
猫のポーズで身体を丸め、牛のポーズでは逆に身体を反らせます。

 

四つ這いで行うため膝や手首に故障が無い限りは比較的誰でも取り組めるところが良いところです。
なので初心者クラスでは比較的多く取り入れられてる印象です。

 

もちろん中級者クラスでレベルの高いアーサナを行う前に準備体操として行っても良いでしょう。

 

このアーサナは先ほども説明したように身体を丸めたり反らせたりを繰り返すアーサナになっておりますので骨盤や脊柱の可動域を促通することができます。
なので腰痛予防改善の効果あります。

 

というのも腰痛は反り腰のため痛くなる人と丸腰のため痛くなる人がいます。
反り腰の人は腰を丸める可動域が悪くなりやすく、丸腰の人は腰を反らす可動域が悪くなっていることが多いです。

 

猫と牛のポーズは腰を反ったり、丸めたりしますので反り腰、丸腰の人のどちらの問題にも効きます。
つまり多くの腰痛の人に効果があるのです。

 

猫と牛のポーズでのポイントは脊柱の動きと呼吸を合わせることです。
脊柱と呼吸の動きに連動性については他記事でも紹介しました。
知っていればヨガの指導が変わる?!呼吸と脊柱の関係

 

息を吐く時は自然に身体が丸まる身体のリズムがあり、息を吸う時は自然に身体が反る身体のリズムがあります。
この自然な身体のリズムを上手く利用したら猫と牛のポーズはより効果的です。

 

猫のポーズの時は身体を丸めますので息を吐きながら
牛のポーズの時は身体を反らしますので息を吸いながら行うと脊柱を柔らかくする効果が上がります。

 

 

猫と牛のポーズの効果

 

・脊柱、骨盤の可動域向上

 

猫と牛のポーズの行い方

 

@四つ這いになります。股関節の下に膝、肩の下に手が来るようにします。頭は下に落ちやすいので顎を引いて骨盤から頭頂部まで真っ直ぐになるようにしましょう。これが四つ這いの基本姿勢になります。

 

A息を吐きながらおへそをのぞきこみながら身体を丸めます。おへそと鎖骨を天井に持ち上げ、両手で床をしっかり押して尾てい骨を前方にたくしこむようにイメージすると身体がしっかり丸まります。

 

B息を吸いながら身体を反らします。目線は前方を見るようにします。この時、顎が上がりすぎないように注意し鎖骨から前方を見るように意識してください。

 

CA〜Bを繰り返します。徐々に身体がほぐれるのを感じましょう。

 

注意点

 

・膝を痛めてる人はクッションを置いて膝を保護しましょう。
・手首を痛めてる人はクッションを置くか手をグーにして身体を支えるようにしましょう

 

 

繰り返しアーサナを行うことで脊柱がしなやかになります!