スポンサーリンク

ガス抜きのポーズ

 

 

ガス抜きのポーズの概要

 

ガス抜きのポーズは名前の通りで体内に溜まったガスを抜くために有効なポーズです。
仰向けで両膝を抱えながら身体を丸めるので比較的取り組みやすいアーサナです。

 

お腹をへこましながら丸まることでお腹のマッサージになり、お腹の中にある内臓器官も活性化されます。
そうすることで消化、排泄のサイクルを改善すると言われています。

 

他にも身体を丸めることにより腰部の筋肉を優しく伸ばします。
特に女性の場合、反り腰の人が多いため日中立ち仕事が多いと腰部の筋肉に疲労が溜まり、硬くなりやすいです。
そういう人はガス抜きのポーズで腰部をケアできます。

 

また寝る前に行うことで副交感神経を優位にしてくれます。
理由は別記事でも記載しましたが脊柱を屈曲させることが副交感神経を優位にしてくれるからです。

 

ポイントはガスを抜く時、つまり息を吐く時の時間を吸う時間より長くすることです。
そうすると身体はリラックスしやすくなり寝付けも良くなります。

 

注意点として妊婦の方はやらないほうが良いでしょう。
まぁこれは赤ちゃんでお腹を圧迫されるからですね。
やめときましょう。

 

 

ガス抜きのポーズの効果

 

・体内のガスを抜く

 

・腰部のストレッチ

 

・副交感神経を優位にする

 

ガス抜きのポーズの行い方

 

@仰向けで寝ます。できるだけ柔らかいマットの上がいいでしょう。丸まった時に腰部が床に当たるので硬かったら痛いです。

 

A両膝を立ててゆっくり両手で両膝を抱えます。

 

B息を吐く時にお腹をしっかりへこまして両膝を胸に引きつけて身体を丸めます。この時、頭と尾てい骨を床から少し離すようにするとより丸まりやすいです。頭を上げるのが難しい人は尾てい骨だけでも構いません。

 

C息を吸いながら引きつけた膝をゆっくり戻します。

 

Dこのまま呼吸を繰り返します。

 

E身体がリラックスできたらゆっくりと両手を離し、足を下ろします。

 

 

両膝を抱えるのが難しい人は片膝ずつから始めましょう!