瞑想ヨーガ入門

 

 

出版社 ?

 

実業之日本社

 

オススメする人

 

・ヨガの哲学を学びたい人

 

内容

 

著者はヨガをしている人なら一度は耳にしたことがある綿本彰氏。
瞑想ヨーガを実践するために精神編、呼吸編、身体編にジャンル分けされてそれぞれをわかりやすく解説しています。
ヨガ哲学にも触れてあり、わかりやすくなおかつ深く解説してあります。

 

感想

 

前半では初めて学ぶと理解しにくいヨーガ哲学についてわかりやすくまとめてあります。
わかりやすいというのが綿本彰氏の文章が柔らかい表現をしてくれているので自然と頭にインプットされます。

 

もちろん一回では理解しにくい部分もありますが何回も文を読めば自然と理解できるはずです。
そのくらい綿本彰氏の文はわかりやすく解説しています。
禅の「十牛図」にも触れてあるのは個人的に知りたかったので良かったです。

 

綿本彰氏に会ったことはございませんが、きっと優しい人柄なのでしょう。

 

そして、瞑想の実践です。

 

瞑想をしようと思ってもまず思うのが

 

『正しくできてるのかな?』

 

でしょう。
というのも身体や呼吸は目に見えたり触れることができるので他人から修正してもらったり、自分で自己修正ができます。

 

しかし、心の部分はそうはいきません。
なぜなら目に見えないからです。

 

だから、正しくできているのかわからないのです。

 

この本ではそれを踏まえて瞑想の行い方を解説してくれています。

 

瞑想を始める準備段階から具体的な瞑想の方法。
どのような姿勢でどのような呼吸のリズムなのか
そして、瞑想中の心のあり方についてです。

 

もちろん他にも細かいところまで解説してありますが、続きは本書にてご覧ください。

 

わたくしはこの本はヨーガ哲学や瞑想法を学びたいと思っている人の最初の一冊にしてもらえたらと思います。
そのくらいわかりやすい一冊となっています。

 

 

初めてヨーガ哲学、瞑想法を学ぶにはもっとこいの一冊です!