スポンサーリンク

 

男よ、ヨガを始めよう

ヨガは男も女も関係ない

 

おい

 

そうお前だ。てかお前以外誰がいる。
男のお前以外誰がいるんだよ。(女性の方には普段もこのサイトでも優しく接しています)

 

このページを見ているということはヨガに何かしら興味があるのであろう。
でも興味があるけどヨガがよくわからなくてスマホかパソコンで「ヨガ 男」とか「メンズヨガ」とか検索してここにたどり着いた。

 

そういうことだろ?そうじゃなくても良いわ。
とりあえず、このページを見てくれたことに感謝する

 

ありがとう

 

そして、ここのサイトオーナーであるヨッ!先生だ。
よろしくな

 

これから「男よ、ヨガを始めよう」シリーズを俺の気分次第で更新するつもりだ。
マジで気分次第だから今回で終了する可能性は否めないけど末永く見守っていてくれ。

 

では挨拶はこの辺にしておいて本題に入る。

 

おそらくではあるが、このページを見ているということはヨガに興味があるということだ。
そして

 

ヨガしてみてー!

 

と男のお前は少なからず思っているはずだ。
動機は

 

痩せたい!

 

とか

 

身体を動かしたい!

 

とか

 

女にもてたい!

 

とか

 

てか女の人とヨガがしたい!

 

って感じだろう。
てか後半の動機が大半だろ

 

うむ、良いじゃないか!

 

ヨガを始めるきっかけは何でも良い。

 

そこからヨガの本質を知れば良いのだ。

 

でもヨガを始めれないんだよな?
わかるよ。だってヨガは誰がやるもの?って聞いたら

 

女性がやるもの

 

って思っているんだろう。
イメージはこんな感じだろ

 

 

うん、お前のそのイメージは間違っていない。
実際、ヨガスタジオに行けばほとんど女性である。

 

ヨガをしている9割くらいは女性と言われているしな。

 

だから男のお前はヨガを始めにくいんだよな。

 

では質問を変えてみる。

 

インドでヨガをしている人のイメージは?

 

どうだ?
たぶん

 

 

こんな人だろ。
これは某格闘ゲームのキャラの影響は少なからずあると思うが、「インドでヨガ」って聞くと男性をイメージするはずだ。

 

おかしいよな?「日本でヨガ」って聞くと女性を思い浮かべ、「インドでヨガ」って聞くと男性を思い浮かべる。

 

これは変な固定概念が原因だ。

 

 

禅の言葉に柔軟心(にゅうなんしん)という言葉がある。
意味は、「固定概念にとらわれず柔らかい心で物事を見ることが大事」という感じだ。

 

固い考えで相手に自分の意見を押し付けたり、自分の考えが絶対正しいと思わない柔らかい心で見れてるか?ということだ。

 

先程、俺が聞いた「ヨガは誰がやるもの?」の問いに「女性!」と答えたやつ

 

お前はタコを柔らかくする時と同じように大根で叩かれろ

 

そして、自分のつまらん固定概念を持っていることに反省しろ。
ついでに硬い身体をヨガで柔らかくしろ。

 

俺は今お前のせいで、ゆでダコのように顔面を紅潮させて怒っている。

 

というのもお前の変な固定概念のせいでヨガという素晴らしい出会いを失っているからだ。
もっと柔軟心を持てよ!と俺は言いたい

 

ヨガというのは本来、男女関係なくできるものである。
もちろん年齢も関係ない。

 

ヨガは老若男女問わずできるのだ!

 

なのにお前のつまらん固定概念が邪魔してんだよ!

 

まぁいい。
俺が言いたいのはヨガは老若男女問わずできる。故に自分がヨガをしたいと思った時がヨガの始め時なのだ。

 

だから、ヨガをしたいと思った時に次の行動を迷わずすべきだ。

 

【まとめ】

 

ヨガを始めたいけどヨガって女性がするものって思っている男よ。

 

まずはヨガは女性がやるというつまらん固定概念は捨てろ。
なぜならヨガは老若男女問わずできるものだからだ。

 

動機は何であっても良い
ヨガをしてみたい!と思ったら迷わず次の行動に移せ。

 

ヨガは誰でもできるのだ。

 

next 男よ、ヨガを始めよう〜身体が硬いは言い訳にならない〜