スポンサーリンク

誰でもできる10分簡単ヨガヨガプログラム

 

ヨガというのはアーサナ、プラーナヤーマ、瞑想まで時間をかけて行うのが理想です。
いやむしろ時間など気にしてはいけませんね。

 

自分と向き合ってたら時間など気にならないですからね。

 

とは言ってもみんながみんな時間があるわけではありませんね。
仕事で忙しい社会人、子育てや家事で忙しい主婦、勉強で常に机に向かっている学生などみんなそれぞれの忙しさがあり自分のための時間を持てない人もいます。

 

整形外科で勤めているとそのように自分の時間を持てない人が多く、結局、腰や膝などに少しずつストレスをかけて痛みが出てから通院するという患者がたくさんいます。

 

ヨガをしたいのにスタジオに行く時間が作れない、身体に不調があり運動をする必要あるのはわかってるのに時間が無い
結構いると思います。

 

そのようにヨガをしたいなと思っている人や身体のケアができてなくて慢性的に腰や膝に痛みがある人にオススメしたいのが10分でできる簡単なヨガプログラムです。

 

スポンサーリンク

 

10分でできる簡単ヨガプログラム

 

プログラム構成で大事なのは身体を各運動方向に動かすことです。
運動方向というのは肩で言えば、腕を上げたり引いたり、横に開いたり閉じたり、外に捻ったり内に捻ったりすることです。

 

10分でできる簡単なヨガプログラムでは脊柱の運動方向にフォーカスを当てています。

 

脊柱の運動方向は脊柱を曲げる屈曲、脊柱を反らす伸展、横に倒す側屈、脊柱を捻る回旋という運動方向があります。
これを10分のヨガプログラムに組み込みます。

 

なぜ脊柱にフォーカスを当ててるかと言うと脊柱は身体の中心にあり、脊柱の可動域が乏しくなると他部位への影響も大きいからです。
逆に脊柱の可動域が十分にあると身体はとても軽やかに動いてくれます。

 

整形外科や接骨院のリハビリでは肩や膝が痛くても脊柱からの介入するのはそのような理由があるからなんですね。

 

では、どのようなプログラムを組めば良いのか私が朝の時間があまり無い時に行うで紹介したいと思います。

 

長座前屈のポーズ

 

東のストレッチ

 

マリーチアーサナ

 

チャイルドポーズ-コブラのポーズ

 

ダウンドック-アップドッグ

 

門のポーズ

 

三日月のポーズ

 

このメニューを10分程度で行います。
このプログラム構成は脊柱の各運動方向への動きはもちろんのこと肩関節、股関節の球関節で可動域がとても広い関節も各運動方向へ動かしています。

 

これを行うと身体のほとんど筋肉や関節が活性化され、身体が軽やかになっているのを感じることができるでしょう

 

比較的難易度も低いため誰でもできるメニューでもあります。
このメニューを起床時や睡眠前にして身体のメンテナンスをしてみてください