ヨガの基礎知識

スポンサーリンク

制感〜プラティヤハーラ〜

 

八支則の三段階目がアーサナで瞑想のために身体の歪みを修正しました。
四段階目のプラーナヤーマで呼吸を整え、効果的な瞑想を行うための準備ができました。

 

次の段階からいよいよ瞑想に入ります。

 

制感とは

 

まず最初は制感(プラティヤハーラ)です。以後プラティヤハーラと記述します。
プラティヤハーラとは八支則の五段階目にあたり、ここから瞑想に入ります。

 

プラティヤハーラは日本語で言うと制感、つまり感覚を制御することを言います。
生き物には感覚(視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚)があり、その感覚を通じて様々な情報を得ます。

 

それは生き物が生きてく為に必要であります。
視覚を通じて身の回りに外敵がいないか察知し、触覚を通じて皮膚に傷ができたことを知り感染しないように傷の手当てをします。

 

他もそうですが、感覚があるからこそ生きることができるのです。

 

しかし、瞑想を行うとなると話は別です。
瞑想ではいかに内観、つまり、自分と向き合うかがポイントになりますので五感を通じて得る情報は不必要です。むしろ、無いのが良いのです。

 

ヨガとは『心の止滅する作用』のことを言いますが、感覚が余計な情報を与えてしまい心を止滅することを妨げてしまいます。
五感を通じて得た外界からの情報によって自分自身が支配されてしまうのです。

 

例えば、これから瞑想を行おうとする時に何か美味しそうな匂いがしてきました。
それは鼻から得た嗅覚による情報です。

 

美味しいそうな匂いにつられて口の中で唾液が出てくるかもしれません。
舌が「いつでも食べて良いよ!」と言ってるかもしれませんね。
味覚が反応しているのです。

 

そもそも美味しそうな匂いの食べ物が何か気になって見たくなります。
視覚が反応するのです。

 

こうなると感覚が制御できないことによって内なる自分に眼を向けることができず集中できません。

 

そうならない為に外界からの余計な情報をシャットアウトすることで瞑想の世界へ入るのです。

 

感覚よ、今は余計な情報を教えてくれなくても良いからね。と言わんばかりにですね。

 

スポンサーリンク

 

よく表現として用いられるのが「自分と感覚を切り離す」という表現です。
イメージで言えば、自分自身を卵の殻の中に入れ込むだったり、自分自身という大きな幹から生えている感覚という枝を切り落とすという感じでしょうか。

 

外界に向きがちな意識を五感の制御によって内なる自分に意識を持っていく

 

これが八支則のプラティヤハーラになります。
五感が制御できたら次の段階、ダーラナに移ります。