ヨガの基礎知識

スポンサーリンク

凝念〜ダーラナ〜

 

プラティヤハーラで己の感覚が統制が取れるようになったら次の段階に進みます

 

八支則の六段階目は凝念(ダーラナ)です。

 

ダーラナはプラティヤハーラで内になる自分に向けた意識をより深く深く意識する段階です。
念(意識)を凝縮するということでしょうか。
意識を一点に集中させていく段階です。

 

凝念とは

 

普段の私達というの意識が色々なものに向いてしまいます。

 

例えば、ショッピングモール内を歩いていたら、自分好みの服がディスプレイしてあったり、美味しそうな食べ物の匂いがしてきたり、店内のBGMが聞こえてきたりと意識が散漫になりやすいです。
別にこれが悪いわけではありませんが、ヨガを行う時には不要です。

 

この散漫になった意識をダーラナで一点に集中させるのです。

 

瞑想の方法としてロウソクの火の前で行う方法があります。
ロウソクの火というのは小さな風に揺らぎながら優しい明かりをしています。

 

そのロウソクの火を半目でボーッと見ながらマントラを唱えるのです。

 

ロウソクの火を見つめる時は顔は余計な緊張が入らないようにリラックス。
そして、ロウソクの火をできるだけ長く見つめます。

 

この方法でダーラナを解説します。
まずロウソクの火の前に座って外界から入ってくる感覚、つまり、物音や匂いなどの情報をシャットアウトする段階がプラティヤハーラです。

 

そして、自分から感覚を切り離した後に目の前のロウソクの火をボーッと見ます。
意識はロウソクの火です。他のことは考えません。
雑念が出たら心を整理してまたロウソクの火を見ます。

 

この段階がダーラナです。

 

つまり、感覚を切り離した後に意識を一点にグーッと集中させるのです。

 

スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1330313636093256"
data-ad-slot="7796146127"
data-ad-format="auto">

 

例えを出します。地球の引力はどの場所にいても力が地球の中心部に引き寄せる力です。
球体の中心に運動方向が向いています。

 

だから、地球の反対側にいる人が地球から離れていかないのもどの場所にいても地球の中心部に力がある向かっているからです。

 

ダーラナも一緒です。意識を置く対象物(ロウソクの火や内なる自分)が地球の中心部であり、意識の方向は全て同じ対象物に向いてるわけです。
意識の方向が同じ対象物に向けたら後は意識をそこに集中させます。

 

ここで言うところの意識の方向というのは自分自身の1つ1つの感覚が同じ対象物に向いているということですね。

 

意識の対象物は頭の中で思い浮かべてももちろん構いませんが、先程のロウソクの火のように実際に目の前に置いて行うほうが一点に集中しやすいです。

 

非常に難しい段階ではありますが、自分のペースで行うようにしてみましょう。