ヨガの基礎知識

スポンサーリンク

瞑想〜ディアーナ〜

 

八支則の六段階目であるダーラナで自分の意識を一点に集中することができたら次の段階です。

 

八支則の七段階目は瞑想(ディアーナ)です。

 

ディアーナでは一点に集中させた意識を心を揺れ惑うことなくひたすら集中させます。
それは留まることを知らない流れです。

 

瞑想とは

 

例えば、蛇口をほんの少しだけ開くと水がポタポタと一定の間隔で途切れ途切れで落ちてきます。
これをもう少しだけ蛇口を開くとツーッと途切れていた間隔が無くなり絶え間なく水が落ちてくるようになります。

 

ダーラナ、ディアーナでもそうです。

 

恐らく最初は意識を一点に集中しても少ししたら何か他の対象に心が揺れ動くと思います。

 

「そういえば、前から欲しかったあの服はまだ店に置いてあるだろうか」

 

「今日の晩御飯は何食べようかなー」

 

それは人それぞれです。
意識が別の対象に向いてしまった場合、別の対象に向いている自分を「自分」で修正します。

 

「あー、今自分は欲しかったあの服を考えてるんだな。でも、服のことを考えるの一旦やめとこうよ」

 

「晩御飯のことはまた終わってからでも良いよね?終わってからの楽しみにしとこう」

 

というような感じで雑念を整理し、もう一度意識を一点に集中させます。
この段階は先程の例えで言えば蛇口の水がポタポタ落ちてる段階です。

 

これを繰り返していくと意識を一点に集中する時間が長くなります。
ポタポタと落ちていた水がツーッと絶え間なく流れを落ちる一筋の水になります。

 

ここがディアーナです。

 

意識を絶え間なく一点に集中することができると時間がとても早く感じることができます。
自分が10分しか集中していないと思って時計を見たら実は30分も時間が経っていた。

 

このような感覚になれたらディアーナはできていたと言えます。

 

それは自分の好きな事を一心不乱にやっていたらとても時間が短く感じることがあります。
みなさんも経験がありますよね?あの感覚です。

 

あれは無心になっているのです。

 

スポンサーリンク

 

以前、あるお寺のお師匠さんに無心とは何かというお話を聞きました。
そのお師匠さんは無心とは3つあると教えてくれました。

 

まず1つが睡眠です。

 

寝ている時というのは心を無にしており、本当に深い睡眠をしていたら誰かが身体を触っても気づくことができません。

 

2つめが一心不乱に何かをしている時です。

 

一心不乱に何かをしている時というのは自分の意識がずっとその事に集中しています。
なので多少の空腹や眠気などは全く気にすることはありません。

 

3つ目が壮大な景色を見た時です。

 

例えば、登山で困難な道のりを乗り越えて頂上に登ったとします。
頂上から見る壮大な景色に心が奪われて何も考えなくなると思います。

 

もちろん雄大な海を眺めた時もそうなるでしょう。

 

あの感覚です。

 

心を奪われて無になりますよね。

 

ディアーナではこの無心の状態が絶え間なく続くことを言うのです。