ヨガの基礎知識

プラーナを体内で制御する「バンダ」

 

いきなり質問ですが、空気がパンパンに入った風船があるとします。
もしこの風船に穴が空いていたら風船はどうなるでしょうか?

 

当然、風船から空気が抜けていつか萎んでしまいます。
これは誰でも予想できる出来事です。

 

では、もし身体が穴が空いた風船だとしたらどうなるでしょうか?

 

古来から人々はプラーナという生命エネルギーに着目し、体内にはいかに留めておくか重視していました。
なぜならプラーナを体内に留めておくことで身体は活力に満ち溢れ心身の充実を図れるからです。

 

先ほど述べたようにもし身体が穴の空いた風船のようになればプラーナを制御しきれず体外に出てしまうでしょう。
そうなるとプラーナを失った身体は活力が無くなっていきます。

 

このような状態にならない為にある技法

 

それが「バンダ」です。

 

 

体内でプラーナを制御する「バンダ」

 

バンダには「締める」「閉じこめる」「制御する」という意味があります。

 

つまり、バンダにはプラーナを体内に閉じこめるように締めつけ、そして制御するという目的があります。

 

バンダは主に3箇所あります。

 

この古来から活用されてきた3箇所バンダですが、実は機能解剖学的にも非常に有用なのです。

 

なぜなら締めるという行為は筋肉を収縮させるとも言えるからです。
意識的に筋肉を使うことができたら姿勢は非常に安定します。

 

日頃から鍛錬をしている人は無意識下でも姿勢を安定させる筋肉が働いています。

 

でも、普段から運動をしていない人やヨガを始めたばかりの人は無意識では筋肉は働きません。
むしろ意識しても働かない人もいます。

 

バンダはそういった人たちに姿勢を安定させる筋肉の働き方を学習させてくれます。

 

バンダを行い、姿勢を安定させる筋肉を無意識下でも働くようにする。
無意識下で筋肉が働くようになれば良質な瞑想が行えるはずです。

 

では今回はこの3箇所のバンダの紹介だけさせていただき詳細はそれぞれ別カテゴリー解説します。

 

ムーラバンダ

 

ハタヨガでは最も重要視されているバンダです。
位置で言えば骨盤底筋群になります。
骨盤底筋群とは左右の坐骨、尾骨、恥骨をハンモック状に繋いでいる筋群のことです。

 

詳細はこちらで
骨盤底を締め付けるムーラバンダ
ムーラバンダで働く骨盤底筋群の機能

 

ウディーヤーナバンダ

 

腹部のことを指します。
おへそをお腹に力強く引き込んで引き締めます。

 

お腹を締めることで腹筋や横隔膜を働かせ安定化を図ります。

 

詳細はこちら
腹部を締めてエネルギーを貯めるウディーヤーナバンダ
ウディーヤーナバンダで働く腹横筋の機能

 

ジャーランダラバンダ

 

のどのことを指します。
あごを引くことでのどを引き締めます。

 

椎前筋が働き頸部が安定します。

 

詳細はこちら
あごを締めるジャーランダラバンダ
ジャーランダラバンダで働く椎前筋の機能

 

このようにバンダは骨盤底筋群、腹部、のどの3箇所あります。

 

バンダの効果として締めた部位の筋群が正常に働き、その周囲にある内臓器官も活性化されます。
もちろん最初に述べた体内のプラーナの流出も防いでくれます。

 

そうなれば心身はプラーナに満ち溢れより活性化されるでしょう。

 

バンダはすぐ習得できるもではないので日頃の鍛錬が重要になっていきます。
そして、日常生活の中でもバンダを意識し安定した姿勢を意識しましょう。

 

 

バンダは機能解剖学的にも非常に重要になります!練習あるのみ!