ヨガの基礎知識

スポンサーリンク

ヨガの基本体系である「八支則」

 

八支則とは紀元500年くらいにパタンジャリ氏によって書かれた経典「ヨーガスートラ」で紹介されています。
ちなみに八支則=アシュタンガとも言います。?

 

この八支則ですが、ヨガをより深めるためにも知っておくべきでしょう。

 

八支則は文字通り8部門の行法をすることになります。
ヨガの最終目標は解脱することですが、八支則はそれまでの流れを段階的に分けて説明しています。
みなさんがイメージされる身体を動かすこと(坐法=アーサナ)も八支則の1つです。

 

ヨーガ行法はこれらの8部門を全て行うことを意味します。
アーサナだけに目が行きがちですができるだけ全て行うように心がけることが大事です。

 

まずは道徳的部門から始まり、そこから生理的部門、心理的部門があります。
この3部門は外的部門に分類されます。
そして、内的部門に分類される心理的部門で終わります。

 

道徳的部門では実際に身体を動かすアーサナの前に日常生活から改めることを重視しています。
なのでヨガ行法というのは実は日常生活からヨガを実践しているということになります。

 

今回は八支則の概要について解説し、それぞれの詳細は別記事で紹介したいと思います。

 

 

八支則は先程も述べたように8部門からならます。

 

1.禁戒(ヤマ)

 

2.勧戒(二ヤマ)

 

3.坐法(アーサナ)

 

4.調気法(プラーナヤーマ)

 

5.制感(プラティヤハーラ)

 

6.凝念(ダーラナ)

 

7.瞑想(ディヤーナ)

 

8.三昧(サマーディ)

 

このような流れになります。

 

禁戒と勧戒が道徳的部門になり、坐法、調気法が生理的部門、制感が心理的部門になります。
この5つが外的部門に分類されます。

 

凝念、静観、三昧は心理的部門になり内的部門に分類されます。

 

禁戒と勧戒は道徳的な部門になりますので身体を動かすアーサナの前に行われる日常生活に入り込んだヨガ行法になります。
禁戒と勧戒それぞれ5つの行いがあるので紹介します。

 

 

禁戒…日常生活の中で行ってはいけないことです。

 

1.非暴力…他人を傷つけてはいけない
2.正直…常に誠実であること。嘘は言わない
3.不盗…他人から何かを盗んではいけない。
4.禁欲…欲望に溺れないこと。性に対して清らかであること。
5.不貪…物に対して執着しない。

 

勧戒…日常生活の中で行うべきこと

 

1.清潔…自分自身の内面や外面、自分の周りを常に清潔にすること。
2.知足…現状に満足すること
3.苦行…常に鍛錬すること
4.読誦…常に新しい知識を学ぶこと
5.自在神祈念…周りに献身的な心を持つこと

 

のそれぞれ5つに分類されます。

 

 

初めて八支則を学んだ時、この禁戒、勧戒は非常に興味を持ち、実践しようと思いました。

 

この禁戒、勧戒ですがいきなり全部行おうとしても非常に難しいです。

 

例えば、勧戒の苦行や読誦は自分でやっているつもりでも「果たして自分のできる限界までやっているのだろうか?まだやれるんじゃないだろうか?」と考えてしまいます。

 

禁戒の非暴力も自分が知らぬ間に相手を傷つけているのではないかと考えてしまいます。

 

そう考えてしまうと自分はちゃんとできているのだろうかと不安になってしまいます。

 

これはあくまでも私見ですが、まずはできる範囲で行えば良いと思います。
大事なのは勧戒、禁戒を行う心です。

 

「今日は自分ができる範囲より一歩先までアーサナを練習しよう。」

 

「今日は接する人になるべく優しく対応しよう。そうすれば禁戒の非暴力につながるはずだ」

 

というように少しゆとりを待たして取り組めば良いです。

 

その心があれば少しずつ基礎になるはずです。
もちろん私自身も基礎をしっかり作る最中でございます笑

 

そして、時間が経って基礎がしっかりできあがれば自分が思った以上に成長できているでしょう。
そうすれば必ず良いヨガできるはずです。

 

今回は八支則の概要について解説しました。
それぞれの詳しい解説は別記事をご覧ください