ヨガの基礎知識

スポンサーリンク

禁欲〜ブラフマチャリア〜

 

人間には誰にも欲があります。
睡眠欲、食欲、性欲は人間の三大欲求としてみなさんご存知だと思います。

 

眠たい時に寝ないと脳や身体の疲れを取ることができず身体の不調が出てきて精神も不安定になります。
食事をしてエネルギーを取り入れないと当然体内のエネルギーは枯渇してしまい、死に至るでしょう。
性欲が無いと愛する人との間に子を授かることができず子孫を繁栄することはできません。

 

このように三大欲求が無いと生きる事は難しいですし、子孫を残すこともできないので必要な欲求と言えるでしょう。

 

他にも欲求には種類があります。

 

自己顕示欲求、承認欲求、集団欲求、支配欲求、対立欲求など人間は様々な欲求の中で生きているのです。

 

アメリカの心理学者アブラハム・マズローは「欲求階層論」を唱えました。
人間の欲求はある程度満たされると次の欲求を満たそうとする理論らしいです。
(すみません、インターネットで調べたので詳しい内容はわかりません…)

 

まぁ人間は欲求から切っても切り離せないものなのです。

 

この欲求ですが、性欲については強い生命エネルギーを消費します。
性欲を抑えきれず多くの異性と性的関係を持つようになってしまうと生命エネルギーを無駄に消費してしまいます。
要は快楽を求めての関係はいけないのです。

 

そうなった場合、いざ坐法、呼吸法、瞑想法を行おうとしても生命エネルギーが枯渇していますので当然、良質なヨガはできないでしょう。

 

 

欲求をコントロールする禁欲〜ブラフマチャリア〜

 

禁戒の禁欲ではこの溢れ出す欲求をコントロールすることが大事です。
注意して欲しいのが欲求をコントロールすることで欲求完全に無くすことではありません。

 

じゃないとそこまで制限したら純粋な恋愛から結婚、2人の間に子供を授かるなんてこともできなくなります。
欲求無しでは生きてけないですからね。
あ、これはあくまでの私見なので参考程度にしといてください。

 

ポイントは本当に愛するパートナーに対し、正しい性的関係を持つことです。
上手く欲求をコントロールしてパートナーと良い関係を保つことも大事ですよね。

 

そうすることで生命エネルギーは維持され良質なヨガが行うことができるはずです。
他の欲求も性欲のようにいかに上手くコントロールするかだと思います。

 

例えば、承認欲求です。?
承認欲求とは他人から認められたいという欲求です。

 

承認欲求も過度になれば自分を認められようと無理をしてオーバーワークをして身体を壊したり、他人の目を意識しすぎて心も休めることができません。
逆に承認欲求が無いと何をしてもやる気が生まれません。
(承認欲求が満たされている状態で欲求も無い場合は違います)

 

しかし、適度に承認欲求が満たされると脳内からドーパミンが分泌されます。
ドーパミンは「やったぞ!」という快感を与えると同時に意欲も出してくれます。

 

それが「次はもっと良い結果を出してやるぞ!」という気持ちにしてくれるのです。

 

このように欲求はバランスが取れると必ずプラスの方向に働きます。

 

禁欲と聞けば少々難しいイメージになりますが、完全に欲を禁じるのではなく上手くコントロールすることができたら良いですよね。