ヨガの基礎知識

スポンサーリンク

自在神祈念〜イーシュヴァラ・プラニダーナ〜

 

勧戒の5つ目は「自在神祈念」です。
自在神とはいわゆる唯一なる存在だったり最高神のことを指します。

 

これは宗教によって変わります。
キリスト教やユダヤ教だったらヤハウェ
イスラム教でしたらアッラーになります。

 

キリスト教、ユダヤ教、イスラム教は一神教になりますのでひとつの神様を信仰する宗教となります。
ヒンドゥー教や神道は一神教とは違い、多くの神々を信仰する宗教になります。
ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァ、ガネーシャは有名な神様ですね。

 

なので勧戒の自在神祈念とは自分が信仰する神々に対し、奉仕する精神を持ち全てを捧げるということになります。

 

ただし、これには様々な意見があるようです。

 

ヨーガスートラで言う自在神というのは創造神だったり主宰神ではないとの論文もあります。

 

となると私自身そこまで宗教についての知識は疎いのでそこまで言及できません。
というより言及したくありません。

 

というのもやはり「神」というワードが出てくるとやはり宗教も絡んできますので記事を書くのも難しいですよね。

 

 

周りの全てに感謝、尊敬する自在神祈念〜イーシュヴァラ・プラニダーナ〜

 

では勧戒の自在神祈念の教えを行うとしたらどのようにすれば良いのでしょうか?
私の感覚で言えば周りの物に対して感謝の気持ちや尊う気持ちを持つという事が自在神祈念になるのではないかと考えています。

 

みなさんもご存知のように日本という島国では一神教の宗教を強く信仰していませんので「神」という存在が他の国々比べたら意識しにくいと環境にあります。
日本は神道でありますので八百万の神々がいると信じられる多神教だからでしょう。

 

神道というのは自然万物に神様がいると考えられてます。
もし勧戒の自在神祈念を行うのであれば途中でも記述しましたが八百万の神々に感謝したり、尊う事になります。

 

つまり自然万物に対して感謝、尊敬の気持ちを持ち、自分自身を捧げる奉仕の心を持つことが大事なのではないでしょうか。

 

人間は生きてく上で食事をしたり、呼吸をしたり、太陽の光を浴びることで生命活動ができています。
自然万物があるからこそ生きているという事を忘れがちになってませんか?

 

これを機会に自分が自然万物に生かされている恩恵を意識してもいいかもしれませんね。

 

私自身もたまに海を見に行ったり、山に登ったりして自然万物の中で自分が生きているという事を実感するようにしています。
日々忙しく生活をしていたら感謝の気持ちが薄れてしまいますからね。

 

これは人それぞれだと思います。

 

食事をする時は生命をいただくことに感謝する。
おいしい空気を吸った時は植物に感謝する。

 

自分で自然万物に対して感謝、尊敬できるような機会を作ってみてください。