スポンサーリンク

ヨガ指導者としてのトークスキルを高める〜その2〜

 

合わせて読みたい

 

 ヨガ指導者としてのトークスキルを高める

 

前回はトークスキル上げる方法として広く浅く知識を得ることを書きました。
まぁ普通のことですけど普段からいろんな情報をインプットしないといけないので難しいですよね。

 

今回はトークの時の話題についてのわたくしの考えを述べたいと思います。
ジャンルはいくつか分けられます。
大体わたくしが相手と話す時の話題は以下の通りです。

 

・天候
・飲食
・地域(旅行)
・スポーツ
・芸能
・私生活
・趣味
・政治経済

 

大体こんな感じでしょうか。
それぞれの内容を簡単に解説します。

 

天候

 

これは無難な話題ですよね。
現在の天候を話せば良いだけなので。

 

無難ゆえに話の切り口としてはもってこいですよね。
でも、このようなパターンになりがちです。

 

自分『今日は天気が良いですねー』

 

相手『そうですねー』

 

2人『…。』

 

こうなっちゃうんですよね笑
会話が続かないんです。

 

こうなるのが嫌なのでわたしは次への話題の切り口が無い時は話さないようにしています。
ちなみに次への話題というのは例えば週末に運動会があるだとか梅雨の時期なら今日が洗濯物を干すチャンスの日だとか台風が来そうなら備えはちゃんとしてあるかだとかです。
天候の話は切り込みやすいけど切れやすい話題なので何かしら話が続けられるように次への話題の準備をしておきたいですよね。

 

飲食

 

シンプルに好きな食べ物の話や旬な食材の話が無難です。
お酒が好きな人なら好きなお酒も良いですね。

 

特に日本酒や焼酎などは全国津々浦々に酒蔵がありますので地域の話にもつながります。
残念ながらわたくしは料理をあまりしないので料理の話が得意ではありませんが中には作り方のポイントを教えてくれる人もいます。
この辺は話の展開の仕方なのでしょう。

 

地域(旅行)

 

これはわたくしの好きなジャンルです。
わたくしは青春18切符で本州を一周したり、四国八十八か所巡りをしたり、離島を巡ったりととにかくどこか遠くに行くのが趣味だからです。

 

このおかげで相手の出身地を聞いた時や相手が旅行される時に話の展開がスムーズに行えます。

 

わたくしが意識しているのは都道府県単位なら3つ以上は名物、観光地、出身有名人などを言えるようにすることです。
近隣の県なら市町村単位でそれぞれ言えるようにしたいと思っています。

 

特に相手の出身地の名物を言えた時、かなり喜ばれます。
それも出身地が遠いところだとより喜ばれます。

 

例えば、宮城県で島根県出身の人がいたとします。

 

この時に

 

「島根県出身なんですか!宍道湖で取れるしじみが有名ですよね!夕日もすごい綺麗なんですよね!あと美肌の県らしいですね!」

 

と言えたら相手はかなりうれしいはずです。
しかも、宮城県という島根県からかなり離れた場所で自分の生まれ故郷を知っていたらなおさらです。

 

まずは旅番組から見て勉強しましょう笑

 

スポーツ

 

これは試合結果の話や近々行われる大会の話をするのが良いですね。

 

あとは有名プロスポーツ選手がトレーニングでヨガを取り入れてるのを把握していればヨガが良いものだと伝えやすいですよね。

 

芸能

 

これも芸能界の最近の話題をするくらいですね。
ヨガをしている芸能人を知っていれば話をつなげれますね。

 

私生活

 

これは難しいです。
自分の家族の話したくない人もいるからです。

 

でも自分から話したがる人もいるのも事実です。
そのような人にはドンドンぶっこんでいきましょう笑

 

もちろんその時は自分のことも話さないといけませんよ。

 

趣味

 

自分の趣味と会う人がいれば意見を交わしながら会話を広げていきましょう。

 

わたくしの場合は、電車旅、島めぐり、スポーツ観戦、お酒、カメラ撮影、登山などがあります。
年配の方とは話が合いやすいです笑

 

政治経済

 

これは極力しないほうが良いです。

 

理由は変ないざこざに巻き込まれても困るからです。
でも、自分の意見を持つことは大事ですので、日頃からニュースを見ておきましょう。

 

以上がわたしが意識して話す話題です。
こうやって文字でまとめるとそんな大したことはしてません。

 

大事なのは、普段から広く浅く知識を得ることと上手く相手が話しやすい話題をふることです。

 

 

トークテーマは普通で良いのです。あとはいかに相手が話しやすい雰囲気を作るかです。