スポンサーリンク

参加者のリスク管理を行い安全に指導をする

 

ヨガを指導する上で参加者のリスク管理は必須です。
特に高齢の参加者になると高血圧、心疾患などの内科的な疾病を患っている人は当然います。

 

事前に担当医からの許可を貰って頂くことは当然なのですが、それでも指導者として安全面に最大の配慮をするべきです。

 

ここで指標としてもらいたいのが土肥・アンダーソンの基準です。
この基準は医療業界や介護業界で一般的に知られています。

 

土肥・アンダーソンの基準は以下の通りです。

 

T.運動を行わない方が良い場合

 

 1)安静時脈拍数120/分以上

 

 2)拡張期血圧120以上

 

 3)収縮期血圧200以上

 

 4)労作性狭心症を現在有するもの

 

 5)新鮮心筋梗塞1ヶ月以内のもの

 

 6)うっ血性心不全の所見の明らかなもの

 

 7)心房細動以外の著しい不整脈

 

 8)運動前すでに動悸、息切れのあるもの

 

U.途中で運動を中止する場合

 

 1)運動中、中等度の呼吸困難、めまい、嘔気、狭心痛などが出現した場合

 

 2)運動中、脈拍が140/分を越えた場合

 

 3)運動中、1分間10個以上の期外収縮が出現するか、または頻脈性不整脈(心房細動、上室性または心室性頻脈など)あるいは徐脈が出現した場合

 

 4)運動中、収縮期血圧40mmHg以上または拡張期血圧20mmHg以上上昇した場合

 

V.次の場合は運動を一時中止し、回復を待って再開する

 

 1)脈拍数が運動時の30%を超えた場合、ただし、2分間の安静で10%以下にもどらぬ場合は、以後の運動は中止するかまたは極めて軽労作のものにきりかえる

 

 2)脈拍数が120/分を越えた場合

 

 3)1分間に10回以下の期外収縮が出現した場合

 

 4)軽い動悸、息切れを訴えた場合

 

少し難しい言葉もチラホラありますが、内科的な疾患がある参加者にはレッスン前の血圧、脈拍は測定するように声かけをしてください。

 

そして、何より大事なのが基準だけで判断せずに顔色や表情、呼吸の変化など細心の注意を払うことです。

 

中には体調不良でも無理をしてレッスンに参加しようとする人もいますので、少しでも普段と様子が違うようなら声をかけて確認しましょう。
先程述べたように表情、顔色、呼吸に異常があったり、話の受け答えで違和感があって無理だと判断したら休んでもらようにします。

 

レッスン前に異常が無くてもレッスンを進めていくと体調も変わってきますので気にかけてあげましょう。